伊藤圭介(1803−1901)

伊藤文庫表紙 English Francais
伊藤圭介 伊藤圭介は、享和3年(1803年)名古屋呉服町に生まれた。父は医家西山玄道である。名は清民、号はか(きんか)という。幼児より父兄に従って儒学と医学とを学び、また植物学を研究することを好んだ。文政3年(1820年)18才にして医業を開いた。19才の時、京都に遊学し、洋学を学び、文政10年(1827年)25才の時、長崎に赴き、ドイツ人シーボルトに植物学を学んだ。これが生涯を通じて学問研究の一転機となり、27才で初めて、「泰西本草名疏」を訳述刊行したのである。以後著書は17種に上る。この中、有名なのは、「日本産物志」「日本植物図説草部」等である。
 また医家としての功績の優なのは種痘を始めたことであり、嘉永5年(1852年)50才の時、尾張藩主から種痘法取調を命ぜられ、以後尾張藩の医術に尽すところ大であった。また郷土の博物学の啓蒙にも努力した。
 明治14年(1881年)東京大学教授に任ぜられ、同21年(1888年)理学博士の学位を受けた。また初代の学士会院院長となった。明治34年(1901年)東京大学名誉教授、男爵を授けられ、同年98才を以って逝去した。
 明治初年(1868年)廃藩置県の際、蘭法医学の必要を強調、愛知県に対し、同志と共に西洋医学を講ずる学校の開設を建議し、これが容れられ、名古屋藩の元評定所に初めて医学校が創設された。これが今日の名古屋大学の濫觴(らんしょう)である。

「伊藤文庫図書目録」名古屋大学附属図書館(昭和31年3月20日)解説より抜粋

伊藤文庫表紙 

index名古屋大学附属図書館