名古屋大学経済学図書室

ICPSRの利用について

ICPSRとは?

ICPSR(Inter-university Consortium for Political and Social Research:政治・社会調査のための大学協会)は、社会科学に関する調査の個票データを世界各国や国際組織から収集、保存し、学術目的での二次分析のために提供する世界最大級のデータアーカイブです。ミシガン大学社会調査研究所(Institute of Social Research)により1962年に設立されました。ICPSRメンバーに入ることで、海外の豊富な個票データを利用することが可能になります。

ICPSR国内利用協議会

ICPSRデータを効率的に利用するため、1999年9月、当時の日本国内のICPSRメンバーがICPSR国内利用協議会を結成しました。名古屋大学も経済学研究科を中心として2008年10月1日に加入しています。

データの利用資格

ICPSRのデータは以下の対象者が以下の目的で活用する場合のみ利用できます。

データの利用方法

  1. ICPSRにアクセスし、必要なデータを検索します。
  2. 検索結果から「Download」をクリックします。
  3. ログイン画面が表示されます。初めて利用する場合は「Create Account」ボタンをクリックし、アカウントを作成してください。最後のPrivacy項目は必ず「Yes」を選択してください。
  4. データの利用規約(Terms of Use)をよく読み、遵守して利用してください。ICPSR国内利用協議会のページに和訳が掲載されています。

より詳細な解説は、ICPSR国内利用協議会のページ(日本語)やICPSRのヘルプ(英語)を参照してください。

論文を発表する場合

出典の明記

ICPSRへの報告

ページのトップへ戻る