ICPSR (Inter-university Consortium for Political and Social Research) 政治・社会調査のための大学協会


ICPSR

1.Inter-university Consortium for Political and Social Research(ICPSR:政治・社会調査のための大学協会)とは?


  ICPSRは、社会科学に関する調査の個票データを世界各国や国際組織から収集、保存し、学術目的での二次分析のために提供する世界最大級のデータアーカイブである。 ICPSRは、ミシガン大学 社会調査研究所(Institute of Social Research)により1962年に設立された。ICPSRメンバーに入ることで、海外の豊富な個票データを利用することが可能になる。


データ利用対象者:会員機関である大学の教員、研究員、大学院生、大学生
利用目的: 学術目的の二次分析


2.ICPSR国内利用協議会とは?


日本では1999年9月から当時のICPSRメンバーが、ICPSRデータを効率的に利用するためにICPSR国内利用協議会を結成した。名古屋大学も経済学研究科を中心として2008年10月1日から加入している。


会員機関  28大学(2009年4月1日現在)
(国公立大学)東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、お茶の水女子大学、神戸大学、兵庫教育大学、首都大学東京、横浜市立大学
(私立大学) 青山学院大学、大阪経済大学、大阪商業大学、学習院大学、関西学院大学、慶応義塾大学、同志社大学、奈良大学、日本大学、法政大学、明治大学、明星大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学、関西大学、中央大学、北海学園大学


ハブ機関: 東京大学社会科学研究所 日本社会研究情報センター
http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/icpsr.html


3.データへのアクセスの方法


下記のページから個票データを直接ダウンロードすることができる(ICPSR Direct)。
http://www.icpsr.umich.edu/


データ入手はまず上記ページのSEARCHからデータを検索し、検索結果の"download"をクリックする。次に表示される"MyData Login"ページにおいて、初めて利用する場合に右側"New User"の"Creat Account"をクリックしてMyDataアカウントを作成する。
    "Creat New Account"ページについて
        ページ中Affliationでは身分を選択し、Department/Unitには、大学名と研究科・学部を記入する。
        例) Nagoya University, Graduate School of Economics

    ページ中の最後のPrivacy項目については必ず「Yes」にチェックをつけること。


一度アカウントを作成すると、次回からはそのアカウントでダウンロードが可能になる。"MyData Login"ページでReturning Userからログインする。


より詳細な解説は下記のページ(日本語)
http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/icpsr-access.html
または下記のページ(英語)
http://www.icpsr.umich.edu/ICPSR/help/newuser.html
を参照のこと。


*注意:名古屋大学におけるICPSR Directは現在 経済学研究科・経済学部にIPアドレスを限定して利用可能である。


4.データ利用における誓約事項(ICPSR国内利用協議会のHPから引用)


以下の誓約事項を了解して利用すること。

  1. 提供された個票データは、学術目的での二次分析にのみ利用します。個別データの秘密保護を図り個々の調査対象を特定する分析は行いません。
  2. 提供された個票データは、本利用申請書に署名した者だけが利用し、第三者には再提供しません。
  3. 二次分析の結果を発表する際には、各調査のDescriptionにあるBIBLIOGRAPHIC CITATION (又はICPSR Citations1)に指示された文を付すことにより個票データの出典を明記します。なおこの時、[提供元(Distributor)]としては「ICSPR及びICPSR国内利用協議会(ICPSR Japanese National Membership)」と記載します。 発表した論文等は、Bibliography Citation Submission2 へ申告します。
  4. その他、ICPSR及びICPSR国内利用協議会の指示に従います。
  5. 提供された個票データ等の利用により何らかの不利益を被ったとしても、ICPSR及びICPSR国内利用協議会の責任は一切問いません。

5.名古屋大学における連絡先


経済学研究科 准教授 園田 正


付録:収蔵データのごく一例


ICPSRの収蔵データは、政治、社会、教育、心理、歴史、法律、経済、高齢者、犯罪、公衆衛生・疫学、国際関係と広範な学問分野に及んでおり、例えば、以下のデータがある。
*国際比較データ、パネル調査データが豊富、アメリカだけでなく欧州や日本・アジアのデータも収納されている。



back