電子ジャーナルFAQ

電子学術情報サービス共通 FAQ よくある質問と回答

Qデータベース、電子ジャーナル、電子ブックのサイトにつながらない
Q電子ジャーナルでフルテキストにアクセスしようとすると、ID/パスワードを要求される>
Q「The database '**' is not available. All licenses for database '**' are currently in use. Please try again later. 」 「ご契約いただいた数のセッションがすでに行われています。」のように表示されてつながらない
Q電子ジャーナルで、同じ雑誌なのにフルテキストが見られる場合と見られない場合がある>
Q電子ジャーナルで、以前はフルテキストが見られたものが、見られなくなった
Q自宅からデータベース、電子ジャーナル、電子ブックを利用できますか?
 
"EndNote web"に関するFAQはこちらをご覧下さい。(学内専用ページ)


Q データベース、電子ジャーナル、電子ブックのサイトにつながらない
Q 電子ジャーナルでフルテキストにアクセスしようとすると、ID/パスワードを要求される
A 原因1:メンテナンス中である、接続障害が起きている
  • 接続障害として対応中のものは、復旧までしばらくお待ち下さい。
    • 上記のそれぞれの「お知らせ」で、障害情報も確認できます。
A 原因2:学外からのアクセス
  • 名古屋大学が契約しているEJのほとんどは、サイトライセンス契約です。ユーザ・ネームやパスワードなしでアクセスできますが、キャンパス内のLANにつながったパソコンからしかみることができません。
    • 学内LANにつながったパソコンからアクセスしてください。
    • 現時点で名古屋大学の構成員である方に限り、学外からアクセスする方法があります。詳しくは、学外からのEJ・データベース利用のページをご覧ください。
  • 一部、ID/パスワード設定の契約もあります。
A 原因3:学内のコンピュータからのアクセスだが、プロキシサーバを経由している等
  • 学内のコンピュータからアクセスしているつもりでも、WEBサーバーからは別の場所からのアクセスとみなされてしまうことがあります。最もよくある例としては、利用しているPCが学外のプロキシーサーバを介するよう設定されているときにこのようなことが起こります。Google Web Accelerator などの、プロキシサーバ利用型のWEB閲覧用ソフトがインストールされている場合も、類似の現象が見られることがありますので、ご注意ください。
    • 設定が適切かどうかを ご確認下さい。
  • 今操作しているPCがWEBサーバー上でどんなIPアドレスを持っているように見えるかは、ネット上で見つけられるIPアドレスチェッカーなどを使って確認できます。附属図書館のWEBサーバー上にも簡易チェッカーを設けています。
    • 簡易チェッカー(名大附属図書館)
      出力された"REMOTE_ADDR"が以下のいずれかにあてはまらない場合、何らかの外部プロキシーサーバを利用していると考えられます。
      • 133.6.で始まる
      • 133.47で始まる
      →設定に関しては、サーバ管理者にご相談下さい。

Q 「The database '**' is not available. All licenses for database '**' are currently in use. Please try again later. 」 「ご契約いただいた数のセッションがすでに行われています。」のように表示されてつながらない。
A 原因:同時アクセス数の制限を超えている。
  • 電子ジャーナル、データベース、電子ブックには、同時アクセス数の制限のあるものがあります。学内での同時利用者がアクセス数制限に達すると、以降のアクセスでこのようなエラーが表示されます。
    • 時間をおいて、再度接続し直して下さい。
  • なお、これらの雑誌を利用したときは、終了する時に必ずLOGOUT, LOGOFF,ログアウトなどのボタンをクリックして終了して下さい。
    ブラウザの戻るボタンで終了したり、LOGOUTしないでウインドウを閉じてしまうと、接続状態が続き、他の利用者が一定時間利用できなくなってしまいますのでご注意下さい。

Q 電子ジャーナルで、同じ雑誌なのにフルテキストが見られる場合と見られない場合がある
A 原因:契約外の雑誌・または契約外の巻号を見ようとしている
  • 同じタイトルでも、冊子体購読分のみ見られる契約になっているEJがあります。
  • JSTORなど、バックナンバー系サイトから提供される雑誌は、最新のものは見られません。
  • 雑誌によっては、古い部分は、電子化されていない場合もあります。
  • 契約外でも、abstractまでは無料で見られるEJがあります。
  • EBSCOhostのようなアグリゲータ系の雑誌の場合、出版社系と異なり、一定期間は、最新のものがみられない場合があります。
    • 電子ジャーナルアクセス・サービスで、利用可能年の範囲等をご確認ください。また「最近1年利用不可」や「Embargo 6 month(s)」などの表示がある場合は、その最新号から指定の期間を閲覧することができません。

Q 電子ジャーナルで、以前はフルテキストが見られたものが、見られなくなった
A 原因:以下の理由が考えられます
  • 雑誌のEJ契約がきれた。
  • プリント版の購読をやめた。
  • 無料の雑誌が有料化した。
  • トライアル期間が終了した。
  • 複数のアグリゲータで契約している雑誌の場合、それぞれ見られる範囲が異なる場合もあります。
    • 電子ジャーナルアクセス・サービスで、利用可能年の範囲等をご確認ください。また「最近1年利用不可」や「Embargo 6 month(s)」などの表示がある場合は、その最新号から指定の期間を閲覧することができません。
  • プリント版の取り扱い書店の変更やURLが変更されてしまった。
  • その他、アクセス障害が発生している。

Q 自宅からデータベース、電子ジャーナル、電子ブックを利用できますか?
A 「プロキシサービスによる接続」を行なうことで利用可能なものもあります。
  • 提供元ごとに、許可されているものとされていないものがあります。
  • 契約A 契約B 契約データベースのうち、データベース一覧Rマークのあるデータベースは、 名古屋大学の構成員(教職員・大学院生・学生・研究生)の方に限り、上述の方法で学外から利用することができます。
  • 公開 契約B 公開データベースは学外から誰でも利用できます。契約Bのデータベースも検索は学外から利用可能です(ただし本文閲覧は上記に準じます)。

Page TOP