古文書は語るの目次へ 朝倉題目へ 古書は語るのトップへ

3月16日付、にしむら八郎兵衛宛、三輪右兵衛書状。


朝倉家関係文書2
挿絵の拡大
 上段の翻字を見る 下段の翻字を見る

折紙(30.4x45.9cm)。一昨年預けた物を使の者へ渡すよう依頼。@とAの書状は、戦乱時に伊勢の御師があたかもスイスの銀行の如く、財産の秘匿先としての機能を果たしていたことを思わせる。