古文書は語るの目次へ
古書は語るのトップへ
名古屋大学神宮皇学館文庫所蔵「角屋家文書」(288.3/Ka)より。角屋家は伊勢大湊の廻船業者。天正10年(1582)の本能寺の変の際、たまたま堺に滞在中の家康は急遽、伊賀路を越えて帰国しようとしたが、土一揆に阻まれた。角屋がその窮地を救い、柴船にかくまい、伊勢白子より尾張常滑まで家康を送り届けた。その功により、代々の将軍より諸国諸湊への出入りの諸役を免許される朱印状を下付された。

近世前期、5月23日付

元禄3年(1690)正月吉日付

近世初期、5月9日付

近世前期、2月晦日付