書物は語るの目次へ 古書は語るのトップへ
御師の学芸 その2
来田家旧蔵資料の中には、伊勢物語及び連歌関係に貴重資料が多い。前者も連歌師に関わる資料が多く、伊勢の人々の学芸に連歌師が関与したことが知られる。
伊勢物語
写本 枡形本列帖装1帖
(神宮皇学館文庫913.32/I) 

伊勢物語
挿絵の拡大
連歌師の猪苗代長珊(ちょうさん)自筆本。書写識語「永禄三年(1560)無射上澣書写校合畢」。巻末の遊紙に古筆(こひつ)了左(りょうざ)(自筆)の極め書あり、「這一冊者連歌師兼与法橋曾祖父長珊真蹟無紛之者也/寛永十四(1637)暦林鐘中旬/古筆了左(黒印)(花押)」。