書物は語るの目次へ 古書は語るのトップへ
新式目
写本 中本横本1冊
(神宮皇学館文庫 911.207/R) 

新式目挿絵
挿絵の拡大
連歌に関する聞書雑記。記事詳細で豊富、詞に関する説明が多い。江戸時代初期、寛永頃能筆の原写本。書中「壬申八月十日より講始ル」とあり、寛永9年(1632)か。「安野津昌恵ト云人」等の地名見え、伊勢辺で出来た本らしい。