書物は語るの目次へ 古書は語るのトップへ
宇治拾遺物語
刊本 半紙本15冊
万治2年(1659)、林和泉掾(洛陽今出川書堂)刊の流布刊本。
「物集家図書印」の印記あり。
(小林文庫 913.41/U)
宇治拾遺物語挿絵
挿絵の拡大


明治の国文学者で東京帝国大学教授、個人の力で百科事典『広文庫(こうぶんこ)』の編纂を成し遂げた物集(もずめ)高見(たかみ)(1847-1928)の旧蔵書。随所に朱の傍線や見出しが書き込まれており、『広文庫』の編纂に使用された本である。このような書き入れを施すためには、古書を入手することが必要で、その結果、物集家は経済的に窮地に追い込まれた。『広文庫』の姉妹編『群書索引』の自序によれば、「しもと笞と執る債鬼」が家具や調度を押収、さらに数万の蔵書に封印を施し競売に付そうとしたという。その状況を「誰れか今日を文明なりと謂ふ、文明の日、豈にかゝる醜類を生ぜんや」と悲痛の念を吐露している。
なお、本書には外に「晶子」の蔵書印もあり、後に歌人の与謝野晶子の所蔵に帰したことが知られる。