特集の目次へ 古書は語るのトップへ 女曽我兄弟鑑
大本 5巻5冊(巻3一部欠)
めでたい年の始、作者自笑・作者其磧自序。
享保六年(1721)正月、八文字屋八左衛門・江嶋屋一郎左衛門 刊。 (岡谷文庫 913.52/H)
区切り
周防の国(今の山口県)の大名、大内義隆は家老の陶(大膳)晴賢に謀られて打ち滅ぼされ、義隆の一子、義丸君を守り育てていた妻籠勘介も陶の家来に切り捨てられる。勘介の娘の千どり(朝倉)とおてふ(八千代)の姉妹は、それぞれの亭主の協力もあって、共に力を合わせて親の敵討をする。また、陶は主君の仇でもあることから夫婦4人は先代の旧臣達と敵討を計画し、陶が不老不死の薬を求めていることを知り、策略をめぐらして船上にて見事、仇討を果たす。その後は義丸君の世となって、めでたし、めでたし。
(巻5の2「謀はおもふ図にのつて来る大船」8ウ・9オ)
本文
本文を見る
 本文の拡大
挿絵
挿絵を見る
  挿絵の拡大