TOP>はじめに   

名古屋大学附属図書館・名古屋大学EU資料センター展示会

「西洋の発見」
―幕末・維新期の遣外使節と留学生達―

はじめに

  明治4(1871)年11月12日(旧暦)に横浜港を出航し,米,英,仏,ベルギー,オランダ,ドイツなどの国々を1年半以上にわたって視察した岩倉遣米欧使節団は,産業革命後で近代化真只中の西洋諸国の政治,軍事,産業,文化,生活などあらゆるものを見聞し,情報を収集して持ち帰りました。江戸時代の長い鎖国政策から目覚め,欧米列強の政治的経済的な攻勢から,開国後の日本を独立国家として維持していくために,早急な近代国家への脱皮を迫られていた明治維新政府の,この使節団を送った大いなる意欲と決断力には,現代から見れば驚嘆すべきものがあります。

  また,この明治の使節団派遣に先立つ10数年の間にも,徳川幕府が数次に亘って欧米に使節団や留学生を送り,西洋諸国を知りその先進文化を取り入れようとしてきた実績があり,延べ数百名にも及ぶこれらの渡航者や異国への漂流民,密航者などの持ち帰った情報や収集物が,明治日本の近代化に繋がっていったことも大いに評価されるべきことです。

  今年も,日本とヨーロッパ連合(EU:European Union)との交流事業のひとつとして,各地のEDC(EU資料センター)等で展示会や講演会が開催されていますが,本学もその一環として,日本と西洋諸国が歴史的な出会いをした江戸末期から明治初頭の遣米欧使節団や留学生に関わる史料展示会を開催することにいたしました。展示会では,明治岩倉遣米欧使節団が訪問した13か国について久米邦武編『特命全權大使米歐回覽實記』等から作成された紹介パネルを軸に,この時期に米欧視察に参加し,あるいは留学した日本人の残した記録や日記類の中から、本学が所蔵するものなどを展示し、約130〜150年前の日本人がどのように西洋諸国を見,理解して現在の日本の礎を築いたかを考えます。

    平成18年11月10日

        主催 名古屋大学附属図書館・同研究開発室
        共催 名古屋大学大学院法学研究科,同経済学研究科

「西洋の発見」TOPに戻る

©名古屋大学附属図書館