図書館位置情報サービス(実証実験)

サービス内容

 アプリ「カーリル図書館マップ」を使って、皆さんが持っているiPhoneやスマートフォンに 書架までの道案内や書架に関連した 情報を提供するサービスに関する実証実験を行っています。
 提供されるサービスは以下の通りです。
  • モバイルOPACの蔵書検索結果から書架までの道案内
  • 書架・検索結果から関連する学術雑誌への案内
  • 書架・検索結果から名古屋大学オープンコースウェア「名大の授業NUOCW」へのコンテンツ連携
  • 書架・検索結果からJMOOC「gacco」へのコンテンツ連携

 

アプリ「カーリル図書館マップ」(無料)の使い方

①iPhone/スマートフォンのBluetoothをONにする。
②iPhone/スマートフォンのカーリル図書館マップを起動する。
③「検索」を選んで、図書の書名や著者名などを入力して検索する。
④気になる図書を選ぶ。
⑤「地図を開く」を選ぶと配架先がマップ上に表示され、「関連情報を見る」を選ぶとその図書に関連した
学術雑誌やオープンコースウェア「名大の授業NUOCW」、JMOOC「gacco」が紹介されます。

注:「検索」をしなくても、書架の前で「お知らせ」にある「周辺の関連情報」の「現在地位置で更新」を選ぶと
その書架に配架されている図書に関連した学術雑誌やオープンコースウェア「名大の授業NUOCW」、JMOOC
「gacco」が紹介されます。

 

iPhone 4S/5/5s/5c、iPad(第3世代以降)/Air/mini(いずれもiOS7.1以上)
Android4.3以降のスマートフォン(ただし、正常に動作しない機種があります)

 

iOS版 AppStore
Android版 GooglePlay

 

「カーリル図書館マップ」上のOPACが不安定になることがあります。
マップ上に示される現在位置は、実際の現在位置に近い無線装置の設置場所となっています。
提供されるgaccoの情報は閉講しているものも含まれます。また、現在開講中のgaccoの受講を希望される場合は 別途gaccoでの受講手続きをお願いします(無料)。
アプリのダウンロード、アプリの使用に伴うデータ通信料は使用者負担となります。

 

実証実験の概要

 Bluetooth Low Energy(BLE)を採用したiBeaconによる近距離無線装置を下記の図書館室に合計650個以上設置しています。 株式会社カーリルと株式会社NTTドコモの連携協力の下、 この無線装置からのプッシュ型情報通信を使って位置情報に基づく図書館サービスの開発を行っています。

  • 中央図書館
  • 教育発達科学図書室
  • 経済学図書室
  • 大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター情報資料室
  • 情報・言語合同図書室
  • 国際開発図書室
  • 理学図書室
  • 工学図書室
  • 生命農学図書室

 

お問合せ

お問合せ(メールフォーム)


Page TOP