図書館開催の講習会・ガイダンス

名古屋大学附属図書館における情報リテラシー教育の目標

名古屋大学附属図書館では、教養教育、専門教育において学生が主体的でアクティブな学習者となれるように、教員と連携し学生の情報リテラシー能力向上に努めます。 そのプログラムの企画及び実施のために、「名古屋大学情報リテラシー基準」(PDF)を作成しました。 この基準をもとに、以下の様々な講習会プログラムを用意しています。

講習会プログラム

いま役立つ講習会は?下の表を目安に、計画的に情報探索スキルを身につけてください。(参加者募集中は詳細にリンク)

新入生2年生3年生4年生
大学院受験生
大学院生教職員
4月 スタンプラリー 資料探索指導法研修会(TA)
Exploring Central Library(in Chinese/English/Japanese)
How to Search for Scholarly Articles
(in Chinese/English)
基セミスタート!
これだけ講座
5月
文献探索30分講座
6月 研究計画書の書き方(中国語)
文献探索30分講座

データベース講習会

7月
10月 Exploring Central Library(in Chinese/English/Japanese) How to Search for Scholarly Articles
(in Chinese/English)
卒論30分講座
11月 文献探索30分講座
研究計画書の書き方(中国語)
データベース講習会
日経テレコン実践講座

文献管理ソフト講習会

12月
オーダーメイド講習会(4-6月、10-12月に希望内容・日時で実施。対象:基礎セミナークラス)
データベースオンライン講習会(通年)
中国語で話そう! (不定期開催)
Let's Talk in English! (4-6月、11-12月で不定期開催)
日本語で話そう! (不定期開催)
Academic Writing & Logical Thinking Skills (in English)
アカデミックライティング講習会
How to Write a Research Proposal
How to Make an Academic Presentation
大学職員のための図書館活用法 (9月)
研究者のための SciVal活用セミナー
論文執筆セミナー
レジリエンス・トレーニングセミナー

 

講習会カレンダー

 

終了した講習会の詳細は過去の講習会をご覧ください。

Page TOP

 

レジリエンス・トレーニングセミナー “折れない心”の育て方

レジリエンス・トレーニングセミナー “折れない心”の育て方  ポスター New!!

レジリエンス・トレーニングセミナー 「レジリエンス」とは、逆境・困難にぶつかって意欲や気力が低下した時に、「落ち込み」を最低限にし、意欲やパフォーマンスを回復する能力のことです。 この「レジリエンス」という「特性」は鍛えることができる、ということが近年の研究成果から示されています。 研究成果に基づいて開発されたトレーニングプログラムは、アメリカを中心に教育現場や企業などで実施され、その効果は科学的に立証されています。

このセミナーでは、プログラムの特徴である7つのスキルを身につけ、日常生活の中で「レジリエンス」を向上させる方法を紹介します。 ものの見方や習慣を見直すことで「レジリエンス」を高め、ストレスに負けないタフな自分を作る方法を身に付けましょう。


  • 対象:名古屋大学の学部生・大学院生
  • 場所 : 中央図書館3階  ラーニングポッドB
  • 参加申込:予約先着順  予約する
  • 講師:近藤 竜彦(生命農学研究科 講師 / JPPA認定レジリエンス・トレーナー)
  • 日程:
    • 3月  7日(木)13:30-15:30 第1回 基礎編 自分の“考え癖”を理解する
    • 3月  8日(金)13:30-15:30 第2回 実践編 “考え癖”を乗り越えて、物事を客観的にとらえる
    • ※第1回でのレジリエンスの基本的スキルに関する知識を前提とするため、基本的に「第2回のみの参加」はご遠慮ください。ただし、別の機会に「基礎編」を受講した方で、「実践編」の内容をあらためて聞きたいという方は歓迎いたします。

Page TOP

基礎セミナーA TAのための資料探索指導法研修会

基礎セミナーA TAのための資料探索指導法研修会

基礎セミナーAを担当するTAは受講生(主に新入生)に対し、「図書館利用説明会」を行って、資料探索の指導をすることになっています。 「図書館利用説明会」を行うための、TAの方向けの研修会がありますので、必ず出席してください。

Page TOP

基礎セミナー向け 中央図書館オーダーメイド講習会

基礎セミナー向け 中央図書館オーダーメイド講習会(文献スキル編) ポスター

 オーダーメイド講習会ご希望の講習会をご希望日に開催します。

  • 対象:基礎セミナ―クラス ※原則として、先生も一緒にご参加ください
  • 日時:平日の2-5時限の時間帯
  • 申込:申込フォーム
  • 申込期限:年度中いつでも承ります。
    (開催希望日の2週間ほど前までを目安にお申し込みください)
    予約状況(カレンダー)
  • 講師:図書館職員
  • 内容:下記のコンテンツからご希望の時間に応じてお選びいただけます。
    • 資料が必要となるステージ(5分)※必須
    • 基本知識を得る(10分)
    • 図書を探す(30分)
    • --図書の選び方・読み方(15分)※オプション
    • 論文を探す(基本)(25分)
    • --論文の選び方・読み方(15分)※オプション
    • 統計データの探し方(15分)
    • 情報を正しく利用する(10分)※必須
    • 館内ツアー(15-30分)※TA無の場合のみ

    • 講習会の構成例は、講習会おすすめモデル(PDF)をご覧ください。

Page TOP

基礎セミナー向け 中央図書館オーダーメイド講習会

基礎セミナー向け 中央図書館オーダーメイド講習会(アカデミックスキル編) ポスター

 オーダーメイド講習会ご希望の講習会をご希望日に開催します。

  • 対象:基礎セミナ―クラス ※原則として、先生も一緒にご参加ください
  • 日時:平日の2-5時限の時間帯
  • 申込:申込フォーム   (1コンテンツごとにお申し込みください)
  • 申込期限:年度中いつでも承ります。
    (開催希望日の2週間ほど前までを目安にお申し込みください)
    予約状況(カレンダー)
  • 講師:本学博士課程大学院生(教養教育院認定ティーチングアシスタント)または
             本学教員(高等教育研究センター・教養教育院)
  • 内容:下記のコンテンツからご希望に応じてお選びいただけます。
    • 議論を行う(60分)
    • レポート課題に備える(60分)
    • 実験レポートを書く(60分)
    • 質問紙でデータを収集する(60分)
    • 質問紙で集めたデータをまとめる(60分)
    • クリティカルリーディング(60分)
    • プレゼンテーションを準備する(60分)
    • プレゼンテーション資料をデザインする(60分)
    • インタビューでデータを収集する(60分)
    • インタビューで集めたデータをまとめる(60分)

    • 各コンテンツの詳細については、こちらのWebページをご覧ください。
      内容に関するご相談:高等教育研究センター (E-mail:

Page TOP

医学部分館・部局等図書室開催

医学部分館・部局等図書室開催

医学部分館や、各部局図書室でも、部局内での利用ガイダンスや講習会を開催しています。
各館・室からのお知らせ(WEBページ・掲示・メールなど)で開催情報を確認してください。

分館・各図書室ホームページ・連絡先

Page TOP

オンライン講習会

オンライン講習会

データベース等の提供元が作成する自習教材もあります。自宅からも受講できます。

  • 名古屋大学附属図書館
  • Web of Science (Thomson Reuter)…Web of Science, Journal Citation Reports, EndNote Web
    • ビデオガイド 基本的な検索方法や検索のヒントが動画にまとめられています。
    • インターネット講習会 インターネット経由で受講でき、質問も可能です。過去の分の動画も公開されています。
  • Science Direct(Elsevier社) ※名大では契約していない機能の解説も含みます
  • EBSCOhost(CINAHL, eBook Collection, ERIC, LISTA, MEDLINE, MLAなど)
    • オンライン講習会 検索方法とMy EBSCOhost(検索履歴の保存機能など)の講習会を受講できます。

Page TOP

過去の講習会

Page TOP

名大ID(名古屋大学ID)について

サテライトラボで実習をする場合、名大IDとパスワードが必要です。「名大IDとは?」「パスワードを忘れた!」という方は次のページをご覧ください。

「名古屋大学ID」(名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室)

※名大IDをご利用の前に、必ず一度はパスワードの変更が必要です。

Page TOP