館内コピー、他大学等の図書館の利用

 

館内コピー

図書館内では、個人の調査・研究のため、図書館所蔵資料の一部分に限り1人1部だけ、下記の著作権法(*)で認められている範囲内に限って複写することができます。

ノートなど私物の複写はできません。

(*) 著作権法(第31条 図書館等における複製)

一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあっては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合

館内コピーの利用方法

私費用(学外者・学内者)と校費用(学内者のみ)の複写機があります。開館時間中は利用できます。
複写機の近くにある「文献複写申込書」に記入し、複写枚数を記入して備付けの箱に入れてください。

  • 私費の場合:私費用複写機はコイン式と生協コピーカード式の2種類があります。生協コピーカードの自動販売機は中央図書館2階にあります。
  • 校費の場合:相互利用カウンターで校費用コピーカード(中央図書館用)を発行します。「複写カード発行申請書」に記入してください(受付時間:平日8:30-17:00)。
  • その他特別なコピー:領収書が必要な場合や、上向きコピー機の利用、マイクロ資料の利用と印刷は相互利用カウンターへ申し込んでください(受付時間:平日8:30-16:45)。
    この場合の料金は次のとおりです。
    私費(学内者) 私費(学外者) 校費(学内者のみ)
     白黒  20円/枚 35円/枚 12円/枚
     カラー  60円/枚 105円/枚 60円/枚

 

他大学等の図書館の利用

探している図書や雑誌が学内にない場合、あるいは他のキャンパスにある場合、その資料を所蔵している他大学等の図書館に出むいて直接利用したり(訪問利用)、文献のコピーや図書の取寄せができます。

訪問利用 詳細

他大学等の図書館を訪問する際は、訪問先図書館の規則を守って利用してください。

紹介状が必要な図書館を訪問する場合は、中央図書館2F相互利用カウンターで紹介状を発行します(平日8:30-17:00)。

一部の図書館では事前の問い合わせ(利用照会)が必要です。訪問前に1週間以上の余裕をもってお申し込みください。

資料の取寄せ 詳細

文献のコピーもしくは図書を取り寄せることができます(相互貸借、ILL : Interlibrary Loan)。

※2013年4月より、取寄せにかかる料金の一部を名古屋大学が負担するサービスを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

取寄せにかかる日数、料金は依頼先により異なります。おおよその目安はこちらをご覧ください。

名大ID・パスワードをお持ちの方は、Web上で文献コピー・図書の取寄せ申込みができます。 詳しくは、Webからのリクエストのページをご覧ください。

※基本的には所属学部等の図書館・室へお申し込みください。 申込先一覧

私費をご指定の場合のみ中央図書館へも申込ができます。「文献複写・現物貸借申込書」に記入して、相互利用カウンターにお申し込みください。


Page TOP