名古屋大学法学図書室

利用案内(学内の方)

名古屋大学附属図書館法学図書室利用細則pdf

受付

閲覧

配置場所が「法」の資料

配置場所が「法アジア資料」の資料

配置場所が「法貴重書群」の資料

配置場所が「法日本法セ・法サテライト」の資料

貸出

1.法学部・法学研究科、および法政国際教育協力研究センターの方
一 教授、准教授、講師 1年以内 200冊以内
二 助教、助手、研究員 1年以内 100冊以内
三 総合法政専攻博士課程後期課程の大学院生、大学院研究生および特別研究学生(大学院) 1年以内 100冊以内
四 総合法政専攻博士課程前期課程の大学院生、大学院研究生、大学院特別聴講学生、科目等履修生、特別研究学生(ただし、科目等履修生については実務法曹養成専攻開講科目を履修するものを除く) 3か月以内 50冊以内
五 実務法曹養成専攻所属の学生(大学院生)、科目等履修生、学部の学生(*)、研究生、聴講生、実務法曹養成専攻開講科目を履修する科目等履修生、特別聴講学生 1週間以内 3冊以内
六 名誉教授 1年以内 30冊以内
七 事務職員、事務補佐員等 1年以内 10冊以内
八 非常勤講師 期間内かつ1年以内 10冊以内
九 客員教授、内地研究員等 期間内かつ1年以内 100冊以内
十 上記以外 図書委員会が決する
2.環境学研究科の方
環境法制論講座の教員 法学研究科教員に準ずる
3.国際開発研究科の方
国際協力専攻の教員 法学研究科教員に準ずる
4.その他の部局の方
一 教員、大学院生、大学院研究生、名誉教授、事務職員 1か月以内 5冊以内
二 学部の学生、学部研究生、聴講生 1週間以内 3冊以内

(*)法学部学部生には以下の貸出も行います。

備考

  1. 雑誌はすべて禁帯出とする。
  2. 貸出期間が1週間以内の者と、貸出期間が3か月の総合法政専攻博士課程前期課程大学院生等は、返却期限内で、他の利用者の予約がないときに限り、2回を限度として、貸出期間を更新することができる。
  3. 和装本については、1帙(無帙の場合は5冊)又は1函を、巻子本については1巻をもって、それぞれ1冊とみなすことができる。
  4. 国際交流委員会により選定された図書及び留学生のために購入された図書(留学生用図書)は、1か月以内3冊まで貸出すことができる。
  5. 本学の役員については、元の所属部局の所属者とみなす。
  6. 教員著作コーナーに配架する図書は、本学の学部及び大学院の学生(研究生等を含む)に限り、1週間以内3冊まで貸出しを受けることができる。貸出の更新はできない。

更新

返却

複写

文献・図書の取り寄せ

申込み方法

紹介状の発行

ページのトップへ戻る