利用案内(学外向)※当面の間、学外の方はご利用いただけません

 入室
  • ご来室には、地下鉄やバス等の公共交通機関をご利用ください。
  • 入室にあたり、「利用申請書」を提出してください。
  • 当図書室は、学術にかかわる学習・研究を目的として、所蔵資料を利用される場合にご利用いただけます。施設のみの利用希望には応じられません。
  • 図書室の施設見学をご希望の方は、事前にご相談ください。
  • 定期試験等のため所属学生の利用に差し障るおそれがあるときには、学外の方に一部のご利用をご遠慮いただくようお願いすることがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。
 利用上の注意
  • 図書室内は禁煙です。
  • 携帯電話での通話はご遠慮ください。
  • 大声はご遠慮ください。
  • 食事はしないでください。
  • 飲料は、蓋の閉まる容器に限り図書室内での水分補給が可能です。
 閲覧
  • 資料は自由にご覧いただけます。
  • 図書はNDC(日本十進分類法)順に、雑誌はアルファベット順(訓令式)に並んでいます。
  • 配置場所は保健学図書室案内図をご覧ください。
  • 修士論文・博士論文は、保健学科の卒業生を除き、ご利用いただけません。
  • 利用した資料は同じ場所に戻してください。
 貸出
  • 一般の方は、貸出できません。公共図書館等の資料の取り寄せサービスを通してお申し込みください。
  • 保健学科の卒業生に限り、資料の貸出ができます。
  • 冊数・期間等の条件は、名古屋大学の在籍者と同じです。
 返却(保健学科の卒業生のみ)
  • 開室時間中は、カウンターで返却をしてください。
  • 閉室時間中は、図書室出入口横の返却ポストに投函してください。
  • 視聴覚資料は、破損防止のため返却ポストに投函しないでください。開室時間中にカウンターに返却してください。
 複写
  • 文献複写申込書を提出の上、著作権法の制限内で複写できます。
  • ただし電子的な複製はすべて不可です。
  • 大学生協のコピーカードが必要です。
 PC
  • 図書室内のPCは、蔵書検索等、自由に利用できます。
  • 保存の必要なデータの作成には使用しないでください。
 AVブース
  • 図書室所蔵の視聴覚資料(DVD・ビデオ等)を視聴できます。同時に2人まで利用できます。
  • 視聴できるのは、保健学図書室の資料のみです。持ち込みはできません。
Top