名古屋大学経済学図書室

分野別調べ方ガイド:道路旅客運送業

ここでは、道路旅客運送業について調べるために活用できる資料を紹介しています。

book図書。名古屋大学で所蔵しているものはOPACにリンクしています。
NUDB名古屋大学で契約しているWebデータベース。学外からリモートアクセス可能なものもあります。
DB無料公開のWebデータベース、資料。オンラインでどこからでも利用可能です。
CentralLib中央図書館2階参考カウンターにて申込みの上利用する資料。利用時間は平日8:30−17:00です。

産業分類

調査を始める前に、産業分類における道路旅客運送業の番号や定義を確認しておくとよいでしょう。→[産業分類を確認する]

基礎資料

業界の基本情報を調べるための資料もあわせて確認しましょう。→[業界の基本情報を調べる]

  1. book『新交通年鑑』(交通協力会)
  2. 交通の現状に関する総合年鑑。鉄道、自動車交通、海事、港湾、航空を取り扱う。

  3. book『交通経済ハンドブック』(白桃書房, 2011)
  4. 交通に関する基礎理論、経済理論(需要、費用、投資など)、政策動向(鉄道、自動車、都市・地域交通、貨物・物流、港湾、航空)、環境問題、安全・防災対策をまとめた資料。巻末に、交通統計の紹介が掲載されている。[詳細]

  5. bookDB『日本のバス事業』(日本バス協会)
  6. 日本のバス事業の動向をまとめた資料。乗合バス・貸切バスの輸送状況推移、輸送量、経営規模などの統計も掲載されている。

  7. book『最新運輸業界の動向とカラクリがよ~くわかる本』(秀和システム, 2014)
  8. 運輸業界の動向や法律・規制、主要企業について解説した資料。[詳細]

    参入企業

    企業の基本情報を調べるための資料もあわせて確認しましょう。業種での絞り込み機能や索引が付いているものがあります。→[企業の基本情報を調べる]

  9. book『新交通年鑑』(交通協力会)
  10. 交通の現状に関する総合年鑑。巻末に「会社便覧」として交通業界(旅行、駅ビル・ホテル、構内営業、物販、広告等の関連業界も含む)の会社一覧(所在地、資本金、社員数、役員など)が付いている。

  11. book『観光バス業者名簿.全国版』(旅行出版社)
  12. 都道府県別・50音順の貸切観光バス業者名簿。所在地、連絡先等基本情報のほか、車両保有台数、バス協会加盟状況、旅行業登録状況、安全性評価認定取得状況等が掲載されている。付属資料として新高速乗合バスに関するリスト(「新高速乗合バス事業に係わる経営許可又は事業計画変更許可を受けた事業者」、「新高速乗合バス事業に係わる管理の委受託の許可を受けた事業者」)がある。[詳細] ※名古屋大学所蔵なし

  13. DB業界団体とその会員一覧
  14. 日本バス協会 地方バス協会所在地
    バス検索
    全国ハイヤー・タクシー連合会 都道府県協会一覧
    タクシー事業者

    統計

  15. DB交通関連統計資料集(国土交通省)
  16. 『陸運統計要覧』及び『交通関係エネルギー要覧』を整理・統廃合し、再編して公表したもの。

  17. book『交通経済統計要覧』(国土交通省)
  18. 交通関連の総合統計書。観光、エネルギー、海外の交通関連統計なども掲載されている。

  19. DB自動車輸送統計調査(国土交通省)
  20. 貨物、旅客の自動車輸送の実態を明らかにすることを目的とし、国内で輸送活動を行う自動車を対象とした基礎調査。業態別・車種別・品目別などに輸送量や輸送人員などが毎月調査されている。標本調査。

  21. DB全国道路・街路交通情勢調査(道路交通センサス)(国土交通省)
  22. 道路と道路利用の実態を調査。道路の状況や交通量を調査する「一般交通量調査」と、出発地・目的地・移動目的などを調査する「自動車起終点調査」から構成される。5年ごとに実施。

  23. DB全国都市交通特性調査(全国パーソントリップ調査)(国土交通省)
  24. 全国70都市・60町村に居住する5才以上の人を対象に交通行動を調査。住民基本台帳からの無作為抽出による標本調査。5年ごとに実施。

  25. bookDB貨物・旅客地域流動調査(国土交通省)[OPAC]
  26. 貨物地域流動調査と旅客地域流動調査の2種類がある。旅客地域流動調査において自動車・鉄道・旅客船・航空での旅客の輸送について、都道府県間の輸送量などが調査されている。鉄道は全旅客、旅客船は国内一般旅客、航空は定期の国内旅客、自動車は二輪車を除く営業用車両(バス・乗用車)を対象としており、自動車を除き全数調査に近い。加工統計。

  27. DB全国幹線旅客純流動調査(国土交通省)
  28. 移動距離や目的などについて調査。対象は(1)幹線交通機関(航空:国内定期航空路線、鉄道:新幹線、JR特急、一部長距離民鉄など、旅客船:フェリーを含む航路、バス:都市間バス、高速バス、乗用車等:自家用乗用車、タクシー等)を利用した移動、(2)通勤・通学目的を除く移動(出張、観光、帰省など)、(3)都道府県を超える移動をすべて満たす移動。

  29. book『都市交通年報』(運輸政策研究機構)
  30. 首都圏・中京圏・京阪神圏の鉄道各路線・各駅における輸送人員(定期・定期外)など、鉄道やバスに関するさまざまなデータが掲載されている。[詳細]

    シェア

    シェアを調べるための基礎資料もあわせて確認しましょう。→[市場シェアを調べる]

  31. DB交通関連統計資料集(国土交通省)
  32. 『陸運統計要覧』及び『交通関係エネルギー要覧』を整理・統廃合し、再編して公表したもの。「I-2:輸送」に全輸送機関の輸送人数に占める各輸送機関の輸送人数の割合を示した「輸送分担率」が掲載されている。

    業界レポート・ニュース

  33. book『高速道路便覧』(全国高速道路建設協議会)
  34. 高速道路の仕組み、整備の推移と計画、利用実態(交通量・走行距離・輸送量)、料金、建設費など高速道路に関する資料を網羅して収録している。[詳細] ※名古屋大学所蔵なし

    専門雑誌・新聞

  35. book『交通新聞』(交通新聞社)
  36. 交通・運輸業界の総合専門紙。各交通機関の情報のほか、観光、旅行、経済などのトピックについても取り上げている。[詳細] ※名古屋大学所蔵なし

  37. book『運輸と経済』(運輸調査局)
  38. 交通経済・経営に関する専門誌。[詳細]

  39. book『東京交通新聞』(東京交通新聞社)
  40. ハイヤー、タクシー、バス業界を中心とした旅客交通の専門紙。自動車産業などの関連産業や交通政策の動向等も扱う。Webサイトで過去1か月分の見出しのみ確認することができる。※名古屋大学所蔵なし

参考資料

ページのトップへ戻る