講習会プログラム Calendar 過去の講習会 講習会での認証について

Live

対面・オンラインライブ 講習会案内    New Contents!!

対面およびオンラインライブで実施する図書館講習会の一覧です。
講師に質問もできるチャンスです、ぜひご参加ください。
 

対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員


❖ 講習一覧 : 講習会名をクリックすると、各講習会の案内がご覧いただけます。❖

対面    

 

ハイブリッド (対面 · オンサイト + オンライン)   

Page TOP

 

On Demand

オンデマンド 講習会案内    

自主学習応援として、図書館講習会の一部を公開しています。
隙間時間に、通学時間中に、学習・研究のヒント、大学生活のコツを学んでみませんか。
 

対 象  : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
終了予定 : 2023年3月


❖ 講習一覧 : 講習会名をクリックすると、各講習会の案内がご覧いただけます。❖


❖ 参加方法 ❖

  • NUCT(https://ct.nagoya-u.ac.jp/portal
    1. NUCTへログイン後「メンバーシップ」をクリック
    2. 「参加可能な講義サイト」をクリック
    3. 検索窓に、各講習会案内にある「検索ワード」または「NU Library」を入力して検索
    4. 参加する講習会の「参加」をクリック
  • Online
    1. 参加する講習会のリンクをクリック
    2. 多要素認証 が必要になります。

Page TOP

 

文献管理ツール講習会 (日本語・英語)

RefWorks 講習会   New!

RefWorks RefWorksは、クラリベイト社が提供する文献管理ツールです。
Webから簡単に論文等の書誌情報やフルテキストを取り込んだり、引用データを共用することができます。
すべてブラウザ上で行い何もインストールする必要がないので、気軽に始められます。
アカウントを作成して利用します。

 

  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師 : クラリベイト社トレーナー
〈 オンライン 〉
  • 日時 : 2022年10月31日(月)13:15 - 14:30(日本語)
    ◆ 英語版のご案内は こちら
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
❖ 後日、アーカイブをNUCTで配信する予定です。
❖ RefWorksを使ってみる 文献管理ツール案内へ

Page TOP

 

サポートデスク開催 ミニ講座

中国語会話入門   New!

中国語講座 中央図書館サポートデスクの中国語スタッフが企画する、中国語を基礎から学ぶ講座です。留学生からネイティブの中国語を学んでみませんか?
秋学期は簡単な文法表現や言葉の使い方を練習します。単語や例文を覚えて使える言葉を増やしましょう。
『中国語会話入門』に参加して、春休み開催の『中国語で話そう!』にでてみませんか?


  • 対象:名古屋大学/岐阜大学の学部生・大学院生・教職員
    ※ 岐阜大学所属の方もご参加いただけます。岐阜大学図書館の案内に従って参加してください。
  • 講師:サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容:詳しくはポスターをご参照ください(各2回開催)
     7. 你在干什么?(何してる?)
     8. 我去过日本(私は日本に行ったことがある)
     9. 几月几号星期几?(何月何日、何曜日?)
    10. 你打算去哪儿(どこに行くつもり?)
    11. 我在图书馆学习(私は図書館で勉強している)
    12. 我比他高(私は彼より背が高い)
❖ 受講者限定で「中国語会話入門」第1~6回 の復習用動画を公開します。

〈 オンライン 〉
  • 期間:2022年11月2日~12月12日・2023年2月20日~3月8日(月・水の不定期)
  • 時間:16:30-17:30
  • 定員:各回20名(先着順)
  • 方法:Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。

Page TOP

 

アカデミックライティング講習会

論文執筆セミナー  アクセプトされやすい英語論文とは?    New!

論文執筆セミナー 第一著者として国際ジャーナルへの論文投稿経験がない、これから英語論文を執筆しようとしている
若手研究者を主な対象としたセミナーです。
エルゼビア社から講師をお招きし、出版社の立場で論文のAccept/Rejectについて得られた考察・注意
点などをご紹介いただきます。

 

  • 対象 : 名古屋大学/岐阜大学の学部生・大学院生・教職員
    ※ 岐阜大学所属の方もご参加いただけます。岐阜大学図書館の案内に従って参加してください。
  • 講師 : 佐藤 慎祐 氏(エルゼビア・ジャパン株式会社)
〈 オンライン 〉
  • 日時 : 2022年10月25日(火)15:00 - 16:00
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
❖ 後日、アーカイブをNUCTで配信する予定です。

Page TOP

 

データベース講習会

Scopus 講習会   New!

Scopus Scopus(スコーパス)は、世界最大級の抄録・引用文献データベースです。
1800 年代からの抄録に加えて、1970 年以降の論文は参考文献も収録しています。
豊富なデータ量と使いやすさにより、文献検索から評価分析や教育ツールまで、さまざまな用途で活用されています。

 

  • 対象 : 名古屋大学と岐阜大学の学部生・大学院生・教職員
    ※ 岐阜大学所属の方もご参加いただけます。岐阜大学図書館の案内に従って参加してください。
  • 講師 : 佐藤 慎祐 氏(エルゼビア・ジャパン株式会社)
〈 オンライン 〉
  • 日時 : 2022年10月26日(水)13:30 - 14:30
    ◆ 英語版のご案内は こちら
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
❖ 後日、アーカイブをNUCTで配信する予定です。
❖ Scopusを使ってみる データベース案内へ

Page TOP

 

文献管理ツール講習会

Mendeley 講習会   New!

Mendeley Mendeleyは、学術論文の管理とオンラインでの情報共有を目的とする無料の文献管理ツールです。
学術情報データベース等から文献情報を取り込み、参考文献リストを簡単に作成することができます。

名古屋大学に在籍中は、機能強化版の『Mendeley機関版』にアップグレードすることができます。

 

  • 対象 : 名古屋大学/岐阜大学の学部生・大学院生・教職員
    ※ 岐阜大学所属の方もご参加いただけます。岐阜大学図書館の案内に従って参加してください。
  • 講師 : 佐藤 慎祐 氏(エルゼビア・ジャパン株式会社)
〈 オンライン 〉
  • 日時 : 2022年10月28日(金)13:30 - 14:30
    ◆ 英語版のご案内は こちら
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
    ◆ アカウント取得、インストール等セットアップは講習会までにお願いします。
     参考ウェビナー : https://view.highspot.com/viewer/623bc62b9712ea2de0f29b4d(前半30分程度)
❖ Mendeleyのデスクトップ版のインストールは8月末で終了するため、デスクトップ版に関する講義は行いませんのでご留意ください。
❖ 後日、アーカイブをNUCTで配信する予定です。
❖ Mendeleyを使ってみる 文献管理ツール案内へ

Page TOP

 

Welcome to NUL

文献の探し方    New!

htsj はじめて名大で学術論文を検索する方向けに、文献の入手の基本とコツを目的別に解説します。
名大に新しく来られた大学院生、学部編入生、教職員、研究生の方や、研究室に配属になった学部3,4年生におすすめです。


  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師 : サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容 : 
    • 文献検索の基本スキル
    • 文献の探索・管理・分析
    • 所蔵から文献を探す
〈 対面 〉
  • 日時 : 2022年10月13日(木)16:30‐17:30
  • 場所 : セミナールームA (中央図書館2F)
  • 定員 : 12名
  • 申込 : こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
  • 注意事項 : 
    • 感染防止対策のため換気をし、参加者同士の距離は十分とって行います。
    • 新型コロナウィルス感染症の対応レベル変更により、開催方法や日程の変更がある可能性があります。
❖ キャンセル等によりお席に余裕がある場合、当日会場での参加受付も行う予定です。

Page TOP

 

Welcome to NUL (中文)

各种讲座学术论文的查找方法    New!

htsc 在这个讲座里,你能够学习到如何找寻学术文章,和更有效率地使用网络资源(网络杂志和数据库等)。


  • 对象:本校留学生,特别是新入学的留学生
  • 讲师:咨询台 大学院生咨询员
  • 语言:中文
  • 内容:
    • 查找之前的准备工作
    • 学术论文的查找流程
    • 文献情報数据库的使用
    • 取得资料和使用授权的注意事项
    • 校外远程查找校内网数据方法
〈 线下 〉
  • 时间:2022年11月1日(周二)16:30-17:30
  • 会场:Seminar Room A (中央图书馆2楼
  • 额定人数:12
  • 报名链接:请查看这 校内人员专用网页
  • 注意事项:
    • 由于感染防止对策,房间将通风,参加者之间将间隔足够的距离。
    • 根据新冠病毒感染症的应对水平的变化,举办方式和日程可能会有所变更。
  • ❖  如果由于取消等原因了产生空位,当天会场将以先后顺序重新受理申请。

Page TOP

 

Welcome to NUL (in English)

How to Search for Scholarly Articles  New!

htse In this course, you learn how to search for scholarly articles and use e-resources (E-journals, databases) efficiently.


  • For: International students, especially for the freshmen in Nagoya University
  • Instructor: Support Desk Graduate Student Staff
  • Language: English
  • Contents: 
    • Off-campus access
    • Searching for Scholarly Articles: introduction
    • How to search articles: OPAC
    • How to search articles: E-journal Database
    • Interlibrary Loan (ILL)
    • Electronic books
    • Important Reminders on using Electronic Resources
〈 Face-to-face 〉
  • Date: October 24 (Mon), 2022   16:30‐17:30
  • Place: Seminar Room A (2F in Central Library)
  • Capacity: 12 people (first-come-first-served basis)
  • How to participate: Find detail on the webpage for NU members.
  • Precautions: 
    • Ventilate the room to prevent COVID-19 infection, and keep a sufficient distance between participants.
    • The holding method or schedule might change depending on the response level to the COVID-19 infection.
❖ If seats are available due to cancellations, we accept the applications on a first-come, first-served basis at the venue on the day.

Page TOP

 

Welcome to NUL (中文・英文)

中央图书馆 解谜进行时   New!

Quiz_c 在中央图书馆馆内参加的话、在工作日的15:00-19:00时间段内,向二楼的支援咨询台提示「通关画面」的话,可以额外获得「书签」(前50名)

欢迎各位新同学入学!
快来参加解谜游戏,了解中央图书馆的各项服务和使用方法,为今后的课题报告还有上课做准备吧!
* 还可以选在在家远程参加解谜活动哦。


  • 对象:名古屋大学学部生、大学院生以及教职员工等均可参加本次活动那个。
  • 期间:10月 3日 (周一) - 11月 7日 (周一)
  • 语言: 中文 / 英文
❖ 活动结束后可以获得中央图书馆的原创屏保以及包书套电子资源。
◆ 远程参加需要装载有Microsoft Forms的手机或平板等终端设备、并请提前确认周围的网络环境。

〈 实地参加 〉
  • 起点: 中央图书馆 2层 (闭馆30分钟前均可参加)
〈 远程参加 〉

Page TOP

 

Welcome to NUL (in English / Chinese)

Central Library Quiz-Rally   New!

Quiz_e If you participated in the quiz at the Central library, you can receive a "bookmark" by showing your screen of completion at the Support desk 2nd floor from 15:00 to 19:00 weekdays (Limited to the first 50 people).

Dear all new students! Congratulations on your enrollment!
By answering quizzes, let's learn about the services and usage of the Central Library.
You may use it for writing treatises and learning!
*You don't have to come to the library to participate!


  • For: International students, especially for the new students in Nagoya University

    * Anyone who belongs to Nagoya University can participate.

  • Dates: October 3 (Mon) - November 7 (Mon)
  • Language: English / Chinese
❖ After the participation, you can download the digitile-designed book cover and the screen wallpaper that originally designed by Central Library.
◆ Please prepare a terminal such as a smartphone or tablet that supports Microsoft Forms with an Internet environment.

〈 On Site 〉
  • Start: Inside Library   ⇒2nd floor of Central Library (until 30 minutes before closing)
〈 On Demand 〉
  • Start: Outside Library ⇒Forms

Page TOP

 

データベース講習会

Web of Science講習会  ~読むべき重要な論文を30秒で発見する方法~   New!

Web of Science 情報洪水にもう翻弄されない!
わずか60分で論文検索のためのWeb of Scienceを使いこなし、「インパクトのある文献をすばやく見つける」 「次に読むべき論文を見つける」ことができるようになります。
そもそもインパクトのある論文とはどんな論文でしょう?自分の研究テーマで読むべき重要な論文を探す方法をご説明します。
また新機能のご紹介では、“どのような文脈で引用されているかを把握”する方法や、“Web of Science上で研究業績を公開する”方法などもご紹介します。

 

  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師 : クラリベイト社トレーナー
〈 オンライン 〉
  • 日時 : 2022年10月19日(水)15:00 - 16:00
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
❖ 後日、アーカイブをNUCTで配信する予定です。
❖ Web of Scienceを使ってみる データベース案内へ

Page TOP

 

文献管理ツール講習会

EndNote Online講習会 ~文献リストの自動作成と一括変換~   New!

EndNote Web of Scienceやその他の文献データベースから、簡単に「文献を整理して保管」し、必要な時にすぐに取りだして「引用文献リストを作成」することができるようになります。
論文を執筆する上で避けられない“作業”時間を大幅に削減し、より重要な研究や自由時間に充てることができるようになります。
「投稿先候補ジャーナルをみつける」ツールも併せてご紹介します。

 

  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師 : クラリベイト社トレーナー
〈 オンライン 〉
  • 日時 : 2022年10月20日(木)15:00 - 16:00
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
❖ 後日、アーカイブをNUCTで配信する予定です。
❖ EndNote onlineを使ってみる データベース案内へ

Page TOP

 

データベース講習会 (in English)

ProQuest  New!

ProQuest2 ProQuest is a comprehensive research database that covers the fields of natural science, humanities and social sciences. Not only Journal contents but also newspaper contents, reports, dissertations, etc. are useful for research at all levels of researchers for faculty and students.


  • For: All undergraduate and graduate students, faculty of Nagoya University
  • Instructor: Clarivate Training and Consulting Partner
  • Language: English
〈 Online 〉
  • Date: October 12 (Wed), 2022  16:30 - 17:30 
  • Format: Zoom    Find detail on the webpage for NU members.
    ◆ Please prepare a PC or tablet that supports Zoom conversation and an Internet environment in advance.
❖ The lecture part of this workshop will be open to the campus.
❖ Try using ProQuest
❖ 日本語講習会のアーカイブ も公開中です。ぜひご活用ください。

Page TOP

 

データベース講習会 (in English)

Library Database vs Google Scholar  New!

vs Google What tools do you use to gather information for your academic research and writing?
Google, Google scholar, OPAC, ProQuest, Web of Science... There are many options.
Even with the tools you normally use, there are even more effective ways to use them, depending on your research field and research objectives.
In this workshop, we will compare ProQuest, a library and academic database, and Google Scholar, from the perspective of obtaining information necessary for academic research.
Let's learn about the characteristics of each one, their advantages and disadvantages, and how to gather academic information more effectively.

  • For: All undergraduate and graduate students, faculty of Nagoya University
  • Instructor: Clarivate Training and Consulting Partner
  • Language: English
〈 Online 〉
  • Date: October 12 (wed), 2022  15:00-16:00 
  • Format: Zoom    Find detail on the webpage for NU members.
    ◆ Please prepare a PC or tablet that supports Zoom conversation and an Internet environment in advance.
❖ The lecture part of this workshop will be open to the campus.
❖ 日本語講習会のアーカイブ も公開中です。ぜひご活用ください。

Page TOP

 

サポートスタッフ開催 ミニ講座

卒論講座 応援編   

卒論応援 秋の「応援編」では執筆のアドバイスや完成に向けた技を紹介し、大学院生の先輩が卒論提出までを応援します! まだ卒論の準備が進んでない人にもおすすめです。今年度初の試みの「プレゼン勉強会」ではわかりやすい発表をめざすお手伝いをします。


  • 対象 : 名古屋大学/岐阜大学の学部4年生
       名古屋大学/岐阜大学の所属の方はどなたでも参加頂けます。
     ※ 岐阜大学所属の方は、岐阜大学図書館の案内に従って参加してください。
  • 講師 : サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容 : 下記の内容から1日1~2コマ日替わりで開催します。
    • 「問題設定」

      卒論のテーマで悩んでいる方や、決めてみたけど不安な方におすすめ
      (卒論全体のテーマだけではなく、考察や背景の説明に応用できる内容です)

    • 「論文構成」

      論文の構成や各論の書き方、引用で気を付けることを解説
      (構成を理解すると推敲する時に全体像をイメージしやすくなります)

    • 「ライティング」

      わかりやすく書くコツを紹介
      (執筆前に知っておくと、見直しの時短になります!)

    • 「プレゼン勉強会」

      プレゼンを披露しながら、卒論発表に必要な要素やポイントを解説
      (大学院生の先輩に相談しながらプレゼンの悩みを解消しましょう!)

〈 オンライン 〉
  • 期間 : 2022年9月26日(月)~10月7日(金)
  • 時間 : 15:30‐16:00、16:30-17:00、「プレゼン勉強会」は 15:15-16:00
       ※ 時間割は ポスター をご覧ください
  • 方法 : Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
❖ 準備編(NUCT版)も公開中です。ぜひご活用ください。

Page TOP

 

サポートデスク開催 イベント

アカデミック英会話入門「読書イベント」    

VSI 日常会話は何とか話せるけど、キャンパス内や研究発表で英会話にとまどった経験はありませんか? アカデミックな英会話を練習する機会は少ないのではないでしょうか。
サポートデスクの英語スタッフが企画する読書イベントに参加してみませんか?
学術入門書を読んで、英語で紹介してグループで話すアカデミック英会話の練習をします。
海外のオンラインセミナーや勉強会で英語で話したい方にもおすすめです!

オックスフォード大学出版局が刊行している入門書『Very Short Introductions』シリーズの中から選書し、気軽に読める章を課題ページにしました。
空き時間に読んでぜひ参加してください!いきなり話すのは心配という方は見学も大歓迎!

  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 進行 : サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容 : 
    • Introduction:自己紹介、イベント説明
    • スピーチに挑戦:課題図書を紹介してみよう (レベル1-3)
    • テーマトークに挑戦:課題図書のテーマについて話そう (レベル2)
  • 課題図書 : 
    • 金曜日英語スタッフ
      ① Mark Bevir, Governance
       What is governance? pp.1-15 (レベル1)
       Corporate governance pp.37-56(レベル2)
       Good governance pp.101-120 (レベル3)
    • 木曜日英語スタッフ
      ② Stephen Fineman, Work
       Working a career pp.24-35 (レベル1)
       Men's work, women's work pp.36-53 (レベル2)
       Emotion at work pp.69-85 (レベル3)
    • ①②の電子書籍版を学外から読む場合は こちら のページのサービス一覧からOPACにアクセスしてタイトル検索、閲覧してください。(名大ID/PW、多要素認証が必要)
  • 資料 : 学内者専用ページ
     英語スタッフによる課題図書を読むためのワークシート・マインドマップ

〈 対面 〉
  • 日時 : 
    • 2022年11月11日(金)16:30‐17:30
    • 2022年12月22日(木)16:30‐17:30
  • 場所 : ラーニングポッドA(中央図書館2F)
  • 定員 : 8名
  • 申込 : こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
  • 注意事項 : 
    • 感染防止対策のため換気をし、参加者同士の距離は十分とって行います。
    • 参加される方は、検温、手指消毒、マスクの着用をお願いします。
    • 新型コロナウィルス感染症の対応レベル変更により、開催方法や日程の変更がある可能性があります。
      変更の場合は、この欄に内容記載します。事前に確認してからご参加ください。
❖ キャンセル等によりお席に余裕がある場合、当日会場での参加受付も行う予定です。
❖ サポートデスク公式note 外国語学習などに役立つ記事を投稿しています。

Page TOP

 

サポートデスク開催 ミニ講座

アカデミック英会話入門「スピーキング・ミニレッスン」    

ミニレッスン 英語スタッフの『スピーキングミニレッスン』はじめました!
練習内容を自由に選んで、アカデミックな英会話レッスンを体験できます!
1回のレッスンは15分、その日の開催時間はサポートデスク前の黒板公式Twitter でチェックしてください!

     例えばこんなレッスン・・・
  • フリートーク
     トピックを選んで会話練習:自己紹介、大学生活、留学、研究、学習方法、スケジュール管理など
  • シミュレーショントーク
     学生同士・研究室の先輩・指導教員との会話練習
  • IELTS スピーキングテストの練習・アドバイス
     Part1-3
    ❖トピック・フレーズ例は、サポートデスク公式note の記事にあります。
  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生
  • 定員 : おひとりにつき15分(先着順)
  • 予約 : 不要。直接お越しください。(順番に対応するので、お待ちいただく場合があります)
  • 講師 : サポートデスク 大学院生スタッフ

〈 対面 〉 ❖ サポートデスク公式note 外国語学習などに役立つ記事を投稿しています。

Page TOP

 

サポートデスク開催 ミニ講座

卒論講座 準備編    

卒論準備 今年度も『卒論講座』は春秋学期に開催します!
春の『準備編』では、院生スタッフが自身の経験をもとに、準備のコツを短い動画で解説します。
基本を知りたい方、ポイントを把握して研究を始めたい方におすすめです。
ぜひ活用してください。


  • 対象 : 名古屋大学の学部3・4年生

    名古屋大学の学部生・大学院生・教職員はどなたでも参加いただけます。

  • 講師 : サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容:
    1. テーマ : テーマ決めで気をつけることや問の立て方を紹介
    2. 計 画 : 計画時の注意点や文献管理法を紹介し、研究計画書を準備するポイントを解説
    3. 文 献 : 探し方や入手方法、文献を読む時の注意点を解説
    4. 執筆準備: 論文の型や学術的表現、引用などのアカデミックな文章を書くための準備を紹介
〈 オンデマンド 〉

❖ 応援編9-10月に開催します。ぜひご活用ください。

Page TOP

 

データベース講習会

EBSCOhost 講習会   アーカイブ配信中

EBSCOhost2022 Academic Search Premier(総合分野)、EconLit(経済学)、ERIC(教育学)、MEDLINE(医学)など多数のデータベースを横断検索でき、eBook Collection(電子書籍)も閲覧できるEBSCOhostの使い方を学びます。


  • 対象:名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師:EBSCO Information Services Japan トレーナー
〈 オンライン 〉
  • 日時:2022年6月22日(水)15:00‐16:15  ←終了しました
  • 方法:Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
〈 オンデマンド:アーカイブ 〉 ❖ EBSCOhostを使ってみる データベース案内へ

Page TOP

 

データベース講習会 (日本語・英語)

ProQuest 講習会   アーカイブ配信中

ProQuest2022 ProQuestは、自然科学分野、人文社会科学分野を包括的に収録した総合リサーチデータベースです。
ジャーナルコンテンツ はもちろん、日々の実践的な利用に最適な 新聞コンテンツ や レポート類、また基礎的な情報収集に役立つ 学位論文 など、研究者から教員、学生まで、すべてのレベルのリサーチに役立ちます。
※ 英語でも開催いたします。

 

  • 対象:名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師:クラリベイト社トレーナー
〈 オンライン 〉
  • 日時:2022年6月15日 (水)13:15 - 14:30(日本語)  ← 終了しました
    ◆ 英語版のご案内は こちら
  • 方法:Zoom こちらの 学内者専用ページ をご確認ください。
    ◆ Zoomに対応したスマートフォン・タブレット等の端末と、インターネット環境を事前にご準備ください。
〈 オンデマンド:アーカイブ 〉 ❖ ProQuestを使ってみる データベース案内へ
ライブ講習(英語)10月に開催します。ぜひご活用ください。

Page TOP

 

データベース講習会

図書館DB vs Google Scholar
 ~図書館のデータベースを研究・学習で使う理由~   アーカイブ配信中

vs Google Scholar みなさんは、学術研究・論文執筆の情報収集にどのようなツールを使っていますか?
Google, Google scholar, OPAC, ProQuest, Web of Science...etc.
普段使っているツールでも、研究分野や研究目的などに応じて効果的な使い方があります。
今回の講習会では、“学術研究に必要な情報”という観点から、図書館及び学術データベース(ProQuest)とGoogle Scholarを比較します。各ツールの特性や、それぞれのメリットやデメリットを知り、効果的な学術情報収集を行いましょう。


  • 対象:名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師:クラリベイト社トレーナー
〈 オンライン 〉
  • 日時:2022年6月8日(水)15:00 - 16:15 ← 終了しました
  • 方法:Zoom
〈 オンデマンド:アーカイブ 〉 ライブ講習(英語)10月に開催します。ぜひご活用ください。

Page TOP

 

アカデミックライティング講習会

問題解決手法に基づく論文テーマ設定の考え方   アーカイブ配信中

テーマ設定2022 テーマの設定は研究において大変重要であるにもかかわらず、体系的な考え方を学ぶ機会はほとんど提供されません。
この講座では、企業などで用いられる問題解決手法を用いた研究テーマ設定の手順を提案します。


  • 対象:名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
       ※ 岐阜大学所属の方もご参加いただけます。案内メールから参加してください。
  • 講師:西山 聖久 講師(名古屋大学 国際機構 特任講師、タシケント工科大学 副学長)
     主な著書:『理工系のAI英作文術 誰でも簡単に正確な英文が書ける』(化学同人)
          『理工系なら必ず知っておきたい 英語論文を読みこなす技術 』(誠文堂新光社)
          『最短ルートで迷子にならない!理工系の英語論文執筆講座』(化学同人)
〈 オンライン 〉
  • 日時:2022年5月26日(木)14:45 - 16:15  ← 終了しました
  • 方法:Zoom
〈 オンデマンド:アーカイブ 〉

Page TOP

 

Welcome to NUL

[新入生応援企画]
 講演会「高校での学びと大学での学びは何がどう違うのか」   アーカイブ配信中

高大接続 これから始まる大学の授業に不安はありませんか?
新入生のみなさんに向けて、基礎セミナーをはじめとする授業への心構えや大学生らしい学びについて、専門の先生が講演します。
講演会の中で、具体的な「授業への不安・質問」にもお答えする予定です。
ぜひお気軽にご参加ください!


  • 対象:名古屋大学/岐阜大学の新入生

    学部生・大学院生・教職員はどなたでも参加いただけます。

  • 講師:大谷 尚 名誉教授  (名古屋大学 高大接続研究センター 研究員/
                   名古屋経済大学 人間生活科学部特任教授、全学教育推進センター長)
    進行:高橋 まりな 特任助教(名古屋大学 高大接続研究センター)
〈 オンライン 〉
  • 日時:2022年4月20日(水)15:00-16:00 ← 終了しました
  • 方法:Zoomウェビナー
〈 オンデマンド:アーカイブ 〉
  • 資料 : NUCT  ❖ 検索ワード:高校での学び
    ※ 名大IDとパスワードが必要です。

Page TOP

 

ライフスキル講習会

レジリエンス・トレーニングセミナー“折れない心”の育て方    

レジリエンス 「レジリエンス」とは、逆境・困難にぶつかって意欲や気力が低下した時に、「落ち込み」を最低限にし、意欲やパフォーマンスを回復する能力のことです。 この「レジリエンス」という「特性」は鍛えることができる、ということが近年の研究成果から示されています。 研究成果に基づいて開発されたトレーニングプログラムは、アメリカを中心に教育現場や企業などで実施され、その効果は科学的に立証されています。

このセミナーでは、プログラムの特徴である7つのスキルを身につけ、日常生活の中で「レジリエンス」を向上させる方法を紹介します。
ものの見方や習慣を見直すことで「レジリエンス」を高め、ストレスに負けないタフな自分を作る方法を身に付けましょう。


  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師 : 生命農学研究科 近藤 竜彦 講師 (JPPA認定レジリエンス・トレーナー)
  • 内容 : 
    「学生編」「教職員編」「医学部編」では、基本的なトレーニング内容は同じですが、説明の際に取り上げる「逆境」の事例が、それぞれ学生生活、社会人生活、医学生や病院で起こりそうなこと、という点が異なります。
    ※ レジリエンスについては昨年度と同様の内容ですが、順次新規項目を追加予定です。
    • 学生編  
    • 教職員編 
    • 医学部編 
〈 オンデマンド 〉

Page TOP

 

Welcome to NUL

[新入生応援企画] 基セミスタート これだけ講座    

これだけ講座 「これだけ講座」は学部1年生を対象とした春の講習会です。
大学院生スタッフたちの経験に基づき、レポート課題やプレゼンに取り組む前にぜひ知っておいてほしいことを動画でお伝えします。
4/11~4/22に開催した対面・オンライン版と同じ内容を解説した動画です。


  • 対象 : 名古屋大学の新入生

    名古屋大学の学部生・大学院生・教職員はどなたでも参加いただけます。
    ※ 名大IDとパスワードのほかに多要素認証が必要です。

  • 講師 : サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容 : 
    «基本編»

     初めて取り組む大学の課題。何を作って提出すればいいのか、そもそも何をどう考えればいいのか。
    そんな不安を抱えたみなさんに、基本から解説します。

    ① ホントの基本 
      大学的なものの見方・考え方の枠組みを知り、学生に期待されていることを把握しましょう。
      先生に送るメールの書き方から課題レポートまで、表現の「ポイント」が学べます。
    «応用編»

     大学生活に必要な「書く」「読む」「話す・聞く」技術。
    実際の課題の形式や取り組むプロセスに当てはめて解説します。

    ② レポートの書き方
      適切なレポートを作成するためのテーマ設定と構成の考え方、レポートの完成度を高める文章表現を学びます。
    ③ 文献の探し方・読み方
      必要な資料を特定し入手する方法と、そこから得た情報を管理し利用する方法を学びます。
    ④ プレゼンの話し方・聞き方
      プレゼン構成の基本的な考え方やスライドの作り方、口頭発表の際の注意点を学びます。
〈 オンデマンド 〉

Page TOP

 

Welcome to NUL

文献の探し方    

hts_j はじめて名大で学術論文を検索する方向けに、文献の入手の基本とコツを目的別に動画で解説します。
名大に新しく来られた大学院生、学部編入生、教職員、研究生の方や、研究室に配属になった学部3,4年生におすすめです。
研究を効率よくはじめるなら、ぜひご覧ください。


  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員
  • 講師 : サポートデスク 大学院生スタッフ
  • 内容:
    1. 文献検索の基本スキル
      論文に必要な情報とはなにか。効率よく検索するための用語や絞り込みのテクニック。自宅から論文を探す方法とトラブル対処法。
    2. 文献の探索・管理・分析
      電子ジャーナルやデータベースを使い、論文名がわかる時とわからない時の検索方法を解説。文献管理ツールMendeleyと研究力分析ツールSciValの紹介。
    3. 所蔵から文献を探す
      名大OPACを使った所蔵検索。論文や図書を取り寄せる。論文以外の文献。
〈 オンデマンド 〉

Page TOP

 

Welcome to NUL (中文)

各种讲座学术论文的查找方法    

how to search_c “学术论文的查找方法”线上資料主要针对留学生,特别是对新入学留学生在查找外文文献中常见的问题进行解答。
你可以学习到如何查找学术论文以及如何更加有效利用网络资源(网络杂志和数据库等)。
本次资料更新添加了视频与练习题(附讲解答案)。
视频中,中文大学院生咨询员以语音形式进行讲解,轻松了解论文的查找方法。
欢迎大家观看。

  • 对象:本校留学生,特别是新入学的留学生

    ※ 需要名古屋大学的个人账号和密码

  • 讲师:咨询台 大学院生咨询员
  • 言语:中文
〈 On Demand 〉
  • 资料获取链接:NUCT  ❖ 搜索词论文的查找

Page TOP

 

Welcome to NUL (in English)

How to Search for Scholarly Articles  

how to search This workshop explains how to search scholarly articles and use electronic resources (including electronic journals and databases) efficiently.
The workshop materials include the recorded video by English staff and worksheets (with answers and explanations).
Please feel free to use it.


  • For : International students, especially for the freshmen in Nagoya University

    ※ NAGOYA UNIVERSITY ID and PASSWORD are required.

  • Instructor : Support Desk Graduate Student Staff
  • Language:English
〈 On Demand 〉
  • The access to the materials : NUCT  ❖ Search word:Scholarly Articles

Page TOP

 

Welcome to NUL (日本語・中国語・英語)

中央図書館ツアー Online   

library tour 中央図書館の使い方を短く動画でまとめました。
図書館を使いこなすため、新入生に限らず、ぜひご覧ください。


  • 対象 : 名古屋大学の学部生・大学院生・教職員

    ※ 名大ID、パスワードが必要です。

〈 オンデマンド 〉 ◆ コンテンツは動画です。データ通信量を考慮した環境でのご視聴をお勧めいたします。

Page TOP

 

Welcome to NUL (中文・日文・英文)

名古屋大学图书馆导览 Online   

library tour 我们用短视频总结了图书馆的使用方法。
无论你是否是新生,只要想更加了解图书馆,均可观看。


  • 对象:名古屋大学的学部生、大学院生、教职员

    ※ 需要名古屋大学的个人账号和密码

〈 On Demand 〉 ◆ 本导览为视频形式。阅览时会产生流量,请选择合适的网络环境。

Page TOP

 

講習会(申込時、PCでの実習がある対面参加時、オンライン参加時)での認証について

  • サテライトラボ、セミナールームでの実習形式の講習会では 名大ID(名古屋大学ID) が必要です。
  • 講習会申込時に、名大ID や 機構アカウント が必要な場合があります。
  • オンライン講習会参加時に、名大ID または 機構アカウント が必要な場合があります。
名大ID、機構アカウント について「ID、パスワードが分からない」「認証ができない」などの場合は、情報サービス一覧(名古屋大学情報推進本部)のページをご確認ください。
 ※ 名大ID をご利用の前に、必ず一度は パスワードの変更 が必要です。

Page TOP